Doorkeeper

SORACOM UG Shikoku #3 in 高知 ハンズオン2!

2019-05-17(金)15:00 - 18:45
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
多くの方にハンズオン体験いただくために、万一参加できなくなった場合は必ずキャンセル登録してください!

詳細

SORACOM UG Shikoku #3 in 高知 ハンズオン2 開催!

簡単にセンサーを接続し通信ができる Wio LTE に、オムロンの絶対圧センサを使ってIoTサービスを開発しよう!
高低差を検知し、見守りや転倒検知に活用できるオムロンの「絶対圧センサー」

Wio LTEとAWSを連携させて、IoTサービスを開発しよう!

Seeed社が開発・販売しているGroveセンサーキットはIoTのプロトタイピングにピッタリで、各種センサーを専用ケーブルで接続し、簡単にIoTデバイスを製作することができます。いろいろなタイプのキットが販売されていますが、Wio LTEはArduinoベースのマイコンにLTEモジュールが組み合わされており、SIMを挿すだけでインターネットに接続できます。ソラコム社からはGrove IoT スターターキット for SORACOMとしてSORACOM Air SIMとセットでSORACOMユーザーコンソールから購入できます。
今回は、オムロンの絶対圧センサを用いてAWSとの双方向通信を活用したIoTサービス開発を体験するハンズオンをメインに、SORACOM最新アップデートを学べるセッションもご用意しています。

オムロンのGroveコネクタ付きセンサーについて

オムロンがオープンイノベーションの文脈で、これまでB2Bで提供していたセンサーモジュールを、Maker(メイカー)など個人の技術者やベンチャー企業、ITベンダー向けにArduino等のオープンなプラットフォーム上で活用できるデバイスとして販売を始めました。販売チャネルもMakerにはおなじみのスイッチサイエンス等、オンラインで簡単に入手できるよう工夫されています。非接触温度センサー、感震センサー、絶対圧センサーの3種類のうち、今回のハンズオンでは精緻な高度変化を計測できる絶対圧センサーをお借りすることができます。

絶対圧センサーは気圧の変化を捉えることができますが、階段やエレベーターでの上下程度でもはっきり可視化することができます。当日は機材一式を持って会場周辺をお散歩し、本センサーの威力を堪能いただこうと思っています。ぜひ、モバイルバッテリーとスマートフォンをお持ちください。
(参考)オムロンがセンサーをラズパイ対応にした狙い

タイムテーブル(開場:15:00)

時間・発表内容は変更になる可能性があります

時間 内容 スピーカー
14:00 ~ 15:00 受付/開発環境構築サポート -
15:00 ~ 15:05 オープニング -
15:05 ~ 15:25 IoT.kyotoご紹介 IoT.kyoto 辻様
15:25 ~ 15:40 Wio LTE解説とSORACOM活用 ソラコム Max様
15:40 ~ 18:40 Wio LTEハンズオン IoT.kyoto 辻様
18:40 ~ 18:45 クロージング -

開催概要

日時:2019年5月17日(金)15:00(受付開始 14:00~)
場所:高知県産学官民連携センター ココプラ4階

主催者

soracom UG四国 運営チーム
高知県IT・コンテンツアカデミー IT先端技術利活用講座

ハンズオン概要

Wio LTEに超音波センサー/絶対圧センサーとブザーを接続し、SORACOM Beamを介してAWS IoT Coreと双方向通信を行えるようにします。
また、取得した計測値を用いた下記のようなサービスを開発します。

・計測値が一定条件を満たすと・・・
 デバイスのブザーを鳴らす
 SMSでスマホにアラート通知する
 Gmailにメール送信され、さらにIFTTTに連携する
・DynamoDBへの計測値の蓄積

本ハンズオンでデバイス開発やデータの収集/アクチュエートなど、IoTサービスを開発するために必要とされる基本的な要素を学ぶことができます。今回のコンテンツではAWS側はノンコーディングですが、応用としてLambdaと組み合わせて外部サービスと連携するなど、より複雑なサービスの開発も可能となります。

【必ずお読み下さい】事前準備/持ち物

● 下記条件に合うPCをお持ちください

・会場Wi-Fiに接続可能なPC(Windows/Mac)
・物理キーボード搭載
・USB Type-Aポート搭載(電力供給が1A以上であること)
・Google Chromeインストール済み
・OS: macOS(10.11 El Capitan 以上) もしくは Windows(7 以上)
・ソフトウェアをインストールするため、PCに対する管理者権限を持っている事とブラウザでのアクセス制限がかかっていないこと

● PCにArduino IDEをインストールしておいてください

AWSアカウントSORACOMアカウントの開設(ともに要クレジットカード)を事前に済ませておいてください 。なお、デビットカードはご利用いただけませんのでご注意ください

Gmailアカウントを開設してください。(普段使っているものでOK)

● モバイルバッテリーと スマートフォンをご準備ください(機材一式を持って会場周辺をお散歩し、本センサーの威力を実際に確認するために使います)

開発環境の準備(所要1時間程度)

当日までにWio-LTE-ハンズオン#開発環境の準備を実施ください。
Windows編とMac編があります。
手順中、Wio LTEの接続が必要な部分は飛ばしていただいて結構です。
当日14:00から開発環境構築サポートを行いますのでご利用ください。
ハンズオンは開発環境が整っているものとして進行いたします。

ハンズオンで使用する機材(Grove IoT スターターキット/絶対圧センサー)について

本イベントはキャンセル待ちが出ることが予想されますが、毎回無連絡不参加の方がおられイベントに参加したくても叶わない方がおられる中で貸出機材が複数余るということが過去に何度もありました。できるだけ多くの方に参加していただきたいという思いから、今回は用意する貸出機材数に対し若干オーバーブッキングを許容することにしました。 なお、「Grove IoT スターターキット」をお持ちの方は持参してかまいませんし、当日販売も行います。

機材の貸出について

1人につき1セット機材(Grove IoT スターターキット/絶対圧センサー)をご用意します。必ず、無連絡/直前のキャンセルがないようにお願いします。やむを得ない事情が発生した場合はご連絡ください。

「Grove IoT スターターキット」を持参する方は

当日そのままお持ちください。未入手の方は、SORACOMユーザーコンソールからGrove IoT スターターキット for SORACOMを購入して持参ください。

当日に「Grove IoT スターターキット」を購入する方は
当日ハンズオン前と後に「Grove IoT スターターキット」の販売を\15,980で行います。決済はクレジットカードのみです。台数に限りがありますので、できるだけ事前に購入して持参ください。

主催者が用意するもの

・電源 (1人につき1口)
・Wi-Fi
・Grove IoT スターターキット for SORACOM(20セット)
・SORACOM Air SIM(ナノサイズ、データ通信のみ)
・オムロン 絶対圧センサー

お願い

1人でも多くの方に参加いただきたいので、どうかドタキャンや無連絡不参加だけはご勘弁ください。(ドタキャンが多いと主催者は心が折れます(/_;)
・やむを得ない事情もあるかと思いますので、参加できないことが判明した時点で速やかなキャンセル処理をお願いします。

注意事項

駐車場はありませんので公共交通機関をご利用下さい
AWSやSORACOMの料金が発生し、登録されたクレジットカードに課金される可能性があります。発生した料金に関して、主催者はいかなる責任も負いません

Special Thanks

オムロン株式会社

コミュニティについて

SORACOM UG Shikoku

SORACOM UG Shikoku

IoTプラットフォーム SORACOMでは、SIMを利用することで、さまざまなモノに、リーズナブルに、だれでも、いつでも、どこでもモバイルデータ通信を組み込むことができるようになりました。 そんなSORACOMのユーザーグループが四国にも出来ました。 SORACOM製品・クラウド・IoTなどなど、身近なテーマを取り上げながら実際に体験していきたいと思います。

メンバーになる